バルドネキアの2012(ヴァルディスーザ)*POG 2014-2015指名有力馬④

公開日: : 最終更新日:2014/06/07 2014-2015, POG

POG 2014-2015

どうも、未勝利馬の勝ち上がりをまだ諦めていないサトです!

POG期間も残り1ヶ月と迫った中で、現在、指名馬で未勝利なのがオルドリンキュリオスティーパリーアークベルフィオーレの4頭。

中でも、パリーアークベルフィオーレは出走さえすれば、すぐにでも勝ち上がる力はあると思うので期待しています。

2頭とも帰厩していて、5月中に1回はレースに出てくれそうなので楽しみです。

では今回は、早い時期に1勝を上げてくれそうな速攻要員候補を取り上げます。

バルドネキアの2012 (ヴァルディスーザ)

2012年4月26日生 牡 栗毛
父: ダイワメジャー
母: バルドネキア
母父: Indian Ridge
生産: 社台ファーム
馬主: 社台RH
厩舎: 橋口弘次郎[栗東]

バルドネキアの12[PDF]

社台RH × 橋口弘次郎はアツい!?

重賞3勝馬イタリアンレッドの半弟。

社台で栗毛馬ということで、どうしても先日取り上げたオリエンタルアートの2012と比べてしまいますが、コチラも負けず劣らずの好馬体。

今年の2月時点で500キロを超えている馬体は、トモにボリュームがあり、全体的にバランスが良いように映ります。

ダイワメジャー産駒ということで、芝がダメでもダートで潰しが効きそうな点は指名においてプラス材料で良いですね。

すでに3月中旬には宮城の山元トレセンに入っていたみたいなので、このまま順調に行けば早期デビューということになるんじゃないでしょうか。

距離はマイル前後で活躍してくれそうな感じなので、速攻系として要マークの1頭だと思います。

個人的に社台RHと橋口調教師といえば、ダンスインザダークハーツクライザッツザプレンティと数々の名馬を輩出しているコンビだけに注目度は高いです。

それだけに来年がラストクラシックとなるお世話になった先生に、社台が自信の1頭を預けたんじゃないかと勝手な妄想を膨らませています(笑)。

もし距離が持つようなら、ダービーまで夢を見させてくれるかもしれません。

ブログの更新情報はTwitter(@sato9_k8)とfeedlyで配信しています。

↓コチラのボタンからフォローできますよ!

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

 
PAGE TOP ↑