ステファノスが指名馬ナンバーワン!*POG 2013-2014総括[後]

公開日: : POG

ワンアンドオンリー

どうも、サトです!

前回から、だい~ぶ間隔が開きましたが、今回は「7123頭の頂点に立ったのはワンアンドオンリー!*POG 2013-2014総括[前]」の続きです。

photo by ©nakashi

パリーアーク (4戦1勝)

順調とはいかなかったけど…

日本ダービーの前日にギリギリで未勝利を脱出。

デビューは7月28日と早かったにも関わらず、色々あって期間内は4戦にとどまりましたが、最後の最後で1勝を上げてくれたので嬉しかったです。

まさか、ダートで勝ち上がるとは思いませんでしたけどね(笑)。

 

トレクァルティスタ (5戦1勝)

新馬勝ちは嬉しかった!

う~ん、コディーノの全弟ということで期待してたんですけどね。あまり期間内に活躍できなかったのは残念でした。

2戦連続で大外枠に入るなど、運のない部分もありましたけどね…。

期待以上の走りではありませんでしたが、POGで初めて1勝を上げてくれた馬なので、思い出に残る1頭になりました。

トレクァルティスタ。今じゃ名前はスラスラ言えます(笑)。

 

ローハイド (6戦1勝)

もう少し早めに1勝上げてれば…

あと2戦ぐらいは、走ってくれると思ったんですけどね。

共同通信杯、7着後に放牧に出てからは、音沙汰なしで帰ってきませんでした。

実力馬を多数抱える松田博資厩舎だけに、馬房数の関係もあったのかな。。

ローハイドが戦った相手を考えると、500万下ぐらいなら期間内に勝ってもおかしくなかったんじゃないかと思います。

2着が3回あるだけに、何回も悔しい思いをした馬でもありました。

 

ガリバルディ (6戦1勝)

未勝利戦の勝ち方は凄かった!

この馬は本当に本当に、京都新聞杯の3着(ハナ差)が悔やまれます。

2着だったらダービーに出れたかもしれないのに…(勝負になったかは別として)。

2歳戦終了!クラシックに向けてPOG 2013-2014指名馬をランキング!②」でもランキング1位に上げたほど、自分の中では期待の大きい馬でした。

重賞とれる器だと思うので、今後は馬券でお世話になりたいです。

 

ラングレー (6戦2勝)

ラングレー

指名馬のエース候補でした

2勝、重賞4着2回。

悪くない成績だと思いますが、期待値が高かっただけに、もう少し走って欲しかったというのが本音です。

関西馬なのに6戦中5戦が関東なのは、ダービーを意識しての事だったんでしょうか(し過ぎた?)。

東スポ杯2歳Sでは、後のダービー馬、皐月賞馬と一緒に走って4着。

能力はこの世代でも上位だと思うので、秋以降の巻き返しに期待したいです。

photo by ©うまタロー

ベルキャニオン (8戦2勝)

ベルキャニオン

何と言ってもダービー出走

ベルキャニオンは指名馬で唯一、日本最高峰のレース、東京優駿(日本ダービー)に出走してくれました。

結果は8着と振るいませんでしたが、出走してくれただけで、もう「ありがとう」って感じです(笑)。

ホープフルSを勝ってれば、もう少し楽なローテーションで行けたんでしょうけどね。

この血統は堅実に走ってくるので、全妹のパラダイスリッジにも注目したいです。

photo by ©lunapark0531

ステファノス (8戦3勝)

No.1!

期間中に3勝を上げたステファノスが、指名馬ナンバーワンです。

重賞を勝ってるわけじゃないですが、世代のディープ産駒の中で4番目に賞金を稼ぐ活躍を見せてくれました(ダービー終了時点)。

指名した時は、正直ここまでやるとは思わなかったんですけどね(笑)。

皐月賞では掲示板に乗るなど、人気以上の走りで興奮させてくれました。

血統的にダートでも面白いと思っているので、今後どういった路線を選んでくるのか楽しみです。

 

最後に…

振り返れば、ハープスターレッドリヴェールなど、この世代は牝馬が強い世代でしたね。

2歳の秋まで、ずっと牝馬が重賞を勝ってたので、この世代はどうなるんだと思った事を思い出します。

あと、イスラボニータなど早期にデビューした馬が、そのままクラシックの時期まで活躍するケースも多かったような気がします(そういや、ステファノスも指名馬の中では一番デビューが早い)。

もはや、大物は秋からという考え方は古いんでしょうか。

と、ここで話を変えて、1年前に指名馬を選ぶ際に書いた「JRA-VAN POG’13で指名馬10頭を選ぶ!②」の最後の方に注目してみましょう。

以上の10頭が、私の選んだ2013年のPOG指名馬です。

もしデビュー前に怪我などで競走馬登録を抹消された場合は、指名に迷ったトゥザワールドサングレアルサトノアラジンアドマイヤウイング… などから選びたいと思います(まだデビューしてなければ、2013年12月23日まで変更が可能)。

うん? 最終候補でハズした馬の中に

重賞勝ち馬が2頭もいるぞ…

軽くクールポコ状態ですが、あの時はあれがベストだと思って選んだので仕方ないですね(笑)。

何はともあれ、2013-2014シーズンは指名馬が全頭大きな故障もなく、走ってくれたのが嬉しいです。

ブログで取り上げるのは少なくなりますが、今後も注目していこうと思っています。

ブログの更新情報はTwitter(@sato9_k8)とfeedlyで配信しています。

↓コチラのボタンからフォローできますよ!

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

 
PAGE TOP ↑