ミッキーグローリー、ポルトフォイユ、プロディガルサンら指名馬の次走・近況などなど。

公開日: : 2015-2016, POG

ポルトフォイユ

どうも、POGの放置ブログ管理者のサトです。

お久しぶりの更新です、っていうのがお決まりになってきたので、飛ばして早速本題にいきます(笑)。

去年の指名馬の事を振り返る間もなく、今期のPOGに突入しておりますが(汗)、今回は8月23日現在までに指名している馬の次走・近況に触れていこうと思います(デビュー戦の事も含めながら)。

このブログで触れる指名馬はいつものごとくJRA-VANのPOG指名馬です。

photo by ©lunapark0531

プロディガルサン

放蕩息子のデビュー戦

プロディガルサンは今年の指名馬の1番手としてデビュー(6月20日東京芝1600m)し、見事初陣を飾ってくれました。

やったぜ!嬉しい~!!

って今更書くのもどうかと思いますが(笑)、一発目から新馬勝ちで良いスタートきれたので嬉しかったです。

レースの評価は人それぞれでしょうが、新馬戦は勝つということが大事なので、兎にも角にも勝てば万事OKでしょう(始まりませんからね)。

レース後驚いたのが放牧に出ず、美浦に在厩での調整。

これはどうなんでしょうね~。

個人的には去年のレガッタ(ご冥福をお祈り致します)を思い出しますが、厩舎スタッフの手腕を信じるしかないです。

次走は芙蓉ステークスに決定しているようで、どんな相手が揃うかわかりませんが、皐月賞と同じ舞台だけに良い結果を残してほしいなと思います。

 

ポルトフォイユ

兄を超える活躍を期待して

2頭目に指名したポルトフォイユは6月28日の阪神1800mでデビューし、単勝1.5倍の支持に応える圧勝で新馬勝ちを収めてくれました。

4コーナーで勝ったなという感じはあったんですけどね。

2着に5馬身差をつける派手な勝ちっぷりは素直に嬉しかったです。

ヨッシャ~!って感じでした(笑)。

レース後、次走は札幌2歳Sという話でしたが、まだ疲れが少し残っているようで残念ながら回避のようです。

札幌2歳Sでプロディガルサン vs ポルトフォイユなんて話が出てた時はワクワクしてましたが、結局どちらも出ないっていうね。。

今年も夏の2歳重賞には縁がなかったなぁ(涙)。

まあ、無理する必要はないのでしょうがないと思います。

現在はノーザンファーム早来で調整されており、秋は東京スポーツ杯2歳ステークスか京都2歳ステークスを目標に動いていくようです(その前に一戦挟むのかな?)。

武豊騎手もこの馬の能力を高く評価しているようなので、次のレースがかなり楽しみです。

 

ミッキーグローリー

甘くないんだよ、POGは

ミッキーグローリーは決してPOG人気がある馬とは言えませんでした。

それもそのはず。POG本には殆ど情報が載ってませんでしたし、所属厩舎が分かったのもダービーの前後ぐらいでしたからね。

それがデビュー戦を迎えるに連れて指名者数が急増。

トレセン内での評判が高く、新潟2歳ステークスはこの馬で決まりみたいな声があれば当然といえば当然でしょうが、これには驚きました。

コッソリ指名しようと思ってたのに(笑)。

まあでも、指名馬の人気がないよりあったほうが嬉しいっちゃ嬉しいですけどね(あり過ぎるのも困るけど)。

8月8日の新馬戦はどんな勝ち方をしてくれるんだろうかとばかり考えてました。

それはもう期待感はハンパじゃなかったです。

が、結果は御存知の通り…

3着。

( ゚Д゚)ハァ?

決して見どころのある3着とは言えないだけに、レースを見た後は一瞬時が止まりました。えぇ、真顔で固まってましたよ(笑)。

まあ、でも国枝厩舎って新馬戦からそれ程仕上げてくる厩舎じゃなかったと思うし、厩舎の先輩3冠牝馬のアパパネも初戦は勝ち馬から0.8秒差の3着ですからね(ポジティブ思考で)。

新馬戦だけで判断するのはナンセンス(前も書いたような…)。使った分の上積みに期待するとします。

どうやら新馬戦のあとも時計を出しているので、続戦のようですね。

次も同じマイルでいくなら新潟の最終週(9月6日)か、中山の開幕週(9月16日)あたりでしょうか。

2戦目でぜひ勝ち上がってほしいです。

ブログの更新情報はTwitter(@sato9_k8)とfeedlyで配信しています。

↓コチラのボタンからフォローできますよ!

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

 
PAGE TOP ↑