POG 2016-2017指名有力馬① – マジックストーム・サプレザ・アーヴェイの2014 etc.

公開日: : 最終更新日:2016/03/19 2016-2017, POG

マジックストームの2014・サプレザの2014・アーヴェイの2014

どうも、サトです!

少し気が早いですが、現時点での「POG2016-2017シーズンの指名有力馬」をまとめてみました。

当初はPOG本が出てからと思ったんですけどね。ある程度、情報が出ているクラブ馬を中心に早めにアップしていく事にしました。

選考基準は「血統」「馬体」「厩舎」ですが、これらに自分の経験、情報などを「プラスα」として加え、総合的に判断して選んでいます。

まずは10頭。3~4回ぐらいに分ける予定です。

※あくまで2016年3月時点での個人的な指名有力馬です。ご了承下さい。

photo by ©馬面長伊奈

ディープインパクト

マジックストームの2014

4月15日生 牝 鹿毛
母父:Storm Cat
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング
厩舎:木村哲也[美浦]
馬名:フローレスマジック

マジックストームの2014

抜群に良い馬体ですね。素人目ですが、かなりよく見えます。マジックストームの仔を初めて預かる木村厩舎が、どう育てていくのか楽しみです。POG的には全兄弟が晩成傾向というのは気になる所。早く活躍できそうなら。

 

ラヴズオンリーミーの2014

3月17日生 牝 鹿毛
母父:Storm Cat
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング
厩舎:矢作芳人[栗東]
馬名:カデナダムール

ラヴズオンリーミーの2014

全兄ラングレーとプロディガルサンは元指名馬。初めて牝馬に出ましたが、これをプラスに捉えるかどうかは人によって分かれそうですね。私はまだ迷ってます(笑)。POGでは説明不要の血統。今年も間違いなく人気するでしょう。

 

サプレザの2014

2月20日生 牝 黒鹿毛
母父:Sahm
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース
厩舎:安田隆行[栗東]
馬名:ルーズベルトゲーム

サプレザの2014

一つ上のシャリオドールがあまり良い結果を残せてないですが、サプレザの仔が日本の馬場で走らないわけ無いと思っています。父がディープに変わり、社台RHの2015年度募集馬の中で1番人気だった事からも、尚更期待したいです。

 

ドリームオブジェニーの2014

3月10日生 牝 青鹿毛
母父:Pivotal
生産:谷川牧場
馬主:ターフ・スポート
厩舎:高野友和[栗東]
馬名:ファンディーナ

ドリームオブジェニーの2014

近親にバゴがいる良血馬。ディープと母父Pivotalの配合は過去に4頭がデビューしており、ワールドインパクトやダノンジェラートなど活躍馬を出しています。ディープ牝馬にしては馬格があるのも良いですね。非社台系の生産馬の中では、かなり注目している1頭です。

 

ステイゴールド

アーヴェイの2014

2月12日生 牡 黒鹿毛
母父:Danehill Dancer
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース
厩舎:矢作芳人[栗東]
馬名:ゴールドヘリテージ

アーヴェイの2014

今年のステゴ産駒は、社台F生産馬に気になる馬が多いです。本馬はその内の1頭。母がステゴと相性の良いデインヒル系だけに期待が高いですし、数を使う矢作厩舎というのもPOG的には歓迎ですね。3番仔だけにそろそろ走り頃ではないでしょうか。

 

ハーツクライ

アドマイヤテレサの2014

3月4日生 牝 鹿毛
母父:エリシオ
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング
厩舎:梅田智之[栗東]
馬名:クロスアミュレット

アドマイヤテレサの2014

ハーツクライ牝馬の中で、特に注目しているアドマイヤラクティの全妹。血統背景もそうですが、馬体写真も惹かれるものがありました。クロスアミュレット(十字架のお守り)。深い、良い馬名ですね。

 

ダイワメジャー

クリアンサスの2014

4月30日生 牡 鹿毛
母父:Redoute’s Choice
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:サンデーレーシング
厩舎:松永幹夫[栗東]
馬名:クレオス

クリアンサスの2014

何かの本でノーザンテーストのクロスがあるダイワメジャー産駒は、POG向きではないと書いてあったんですけどね。それに逆らう形で、この馬が気になってます(笑)。クロスが吉と出れば、オルフェーヴルのように化けそう?な予感です。

 

クロフネ

レクレドールの2014

1月29日生 牡 栗毛
母父:サンデーサイレンス
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:サンデーレーシング
厩舎:堀宣行[美浦]
馬名:コリエドール

レクレドールの2014

母はステイゴールドの全妹。自身も仔(ベルーフ)も、重賞を勝っている優秀なお母さんです。初のクロフネとの配合ですが、母父サンデーなら間違いなく合うでしょう。もし芝がダメでも、ダートで潰しが効きそうなのも魅力です。

 

ジャングルポケット

マンハッタンフィズの2014

2月25日生 牡 栗毛
母父:サンデーサイレンス
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース
厩舎:小島太[美浦]
馬名:インペリアルフィズ

マンハッタンフィズの2014

全姉(アプリコットフィズ)、全兄(ダービーフィズ)共に重賞勝ち馬という良血馬。母が13歳と、やや高齢時の出産というのは気になりますが、全兄弟の成績から期待せざるを得ません。ジャンポケ産駒で選ぶならコレってな感じです。

 

ハービンジャー

ディアデラノビアの2014

3月14日生 牡 栗毛
母父:サンデーサイレンス
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム
厩舎:木村哲也[美浦]
馬名:バルデス

ディアデラノビアの2014

一つ上のドレッドノータスとは違った印象の馬体ですが、私は本馬の方が好みです。これが良いのか悪いのかは分かりませんが(汗)。上の5頭は全て期間内に勝ち上がっているので、そういう点では間違いなさそう。計算できる1頭です。

 

続きはコチラ
POG 2016-2017指名有力馬② – サロミナ・エリモピクシー・ザレマの2014 etc.

ブログの更新情報はTwitter(@sato9_k8)とfeedlyで配信しています。

↓コチラのボタンからフォローできますよ!

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

 
PAGE TOP ↑