POG 2016-2017指名有力馬⑤ – ウィーミスフランキー・トゥザヴィクトリー・リビアーモの2014 etc.

公開日: : 最終更新日:2016/05/15 2016-2017, POG

クラリティスカイ

どうも、サトです!

5回に渡ってお送りしてきた「POG2016-2017指名有力馬」の記事は、今回で最後となります。

他に素晴らしいPOGのブログがあるので、参考にしている人は少ないと思いますが、少しでも読んでいる方の役に立っていれば幸いです。

ただ、あくまで2016年4月上旬時点で個人的に気になった馬を上げているので、ここで上げている馬以外を私が指名する可能性は十分あります。その点は、ご了承下さい。

JRA-VANのPOGはギリギリまで指名馬を変更できるので、私もジックリ悩んで、あとはPOG本を買って選定の詰めをやっていきたいと思っております。

そうそう、明日はPOGの王道(いわゆる黄本)の発売日ですね。私は書店にダッシュする予定です(笑)。ゴールデンウィークまで待てません(笑)。

では、最後に5頭上げているので見てやって下さい。

photo by ©クロミ

ディープインパクト

ウィーミスフランキーの2014

2月10日生 牡 黒鹿毛
母父:Sunriver
生産:ノーザンファーム
馬主:大塚亮一
厩舎:友道康夫[栗東]
馬名:ザウォルドルフ

ウィーミスフランキーの2014

ディープ産駒で今やトレンド?のHaloクロス持ち、さらにノーザンファーム生産馬ならPOG的に押さえないわけにはいきません。名馬の相「左後一白」というのも良いですね。初仔だけに馬体重が気になる所です。

 

レディジョアンの2014

2月6日生 牡 青鹿毛
母父:Orientate
生産:千代田牧場
馬主:ダノックス
厩舎:池江泰寿[栗東]
馬名:ダノンオブザイヤー

レディジョアンの2014

4年連続でディープが付けられており、今年は3年目で初の牡馬。これまでと違い、ここに来て有力馬主の所有(庭先?)は、デキが良い可能性があるとみてチェックしております。牝系も優秀なので期待大です。

 

エレクトラレーンの2014

2月3日生 牝 鹿毛
母父:Dubawi
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース
厩舎:須貝尚介[栗東]
馬名:エレクトロニカ

エレクトラレーンの2014

先日のドバイでドゥラメンテに勝利したポストポンドなど、世界中で活躍馬を送り出しているDubawiを母父に持ち、父がディープインパクトと来れば大物を期待せざるを得ません。初仔という事もあり馬体は小柄なようです。これがどうか。

 

キングカメハメハ

トゥザヴィクトリーの2014

2月12日生 牡 鹿毛
母父:サンデーサイレンス
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム
厩舎:池江泰寿[栗東]
馬名:トゥザクラウン

トゥザヴィクトリーの2014

全兄トゥザワールドはクラシックで活躍しましたが、もともとが晩成型の血統。早期から活躍できるかの見極めが、POGにおいて重要になってきそうです。…って、それがなかなか難しいんですけどね(笑)。能力は折り紙付きな血統だけに悩ましい。

 

ルーラーシップ

リビアーモの2014

5月25日生 牡 鹿毛
母父:アドマイヤベガ
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング
厩舎:高野友和[栗東]
馬名:アレラーモ

リビアーモの2014

アルフレードやサクラバクシンオーが出ている牝系。そこにエアグルーヴにベガと、日本が誇る2代名牝が並んでいる血統表は、見てるだけでアツくなります。結構遅生まれですが、馬体は標準サイズ以上ありそうなので期待しています。

ブログの更新情報はTwitter(@sato9_k8)とfeedlyで配信しています。

↓コチラのボタンからフォローできますよ!

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

 
PAGE TOP ↑