オルフェーヴルはいないけど…宝塚記念展望

公開日: : 最終更新日:2013/10/11 レース展望

オルフェーヴル
宝塚記念勝ち馬 オルフェーヴル(池添謙一) posted by ©arima

今週は上半期のグランプリ、宝塚記念が阪神競馬場で行われます。

今年はオルフェーヴル、ゴールドシップジェンティルドンナフェノーメノの現役最強馬対決に注目が集まっていましたが、1週間前にファン投票1位のオルフェーヴルが肺出血の為に回避したことによって4歳3強対決へと様変わりしました。

今年の宝塚記念は頭数が11頭と少ないので、紛れも少なく上位人気馬で決まりそうな気がしています。

荒れる条件が全くないとは言いませんが、少頭数になったのは上位馬の実力が抜けているからともいえます。

上位人気確実の4歳3強を、ファン投票順にそれぞれ見ていきます。

 

馬場が悪くなるのは、この馬にとって追い風か!?

まずはファン投票2位のゴールドシップ

まさかの天皇賞(春)5着に落胆した人は多かったのではないでしょうか。

今回はそこからの巻き返しとなるのですが、陣営が宝塚記念は得意のマクリ戦法を変えて望む示唆をしています。

ジェンティルドンナフェノーメノをマークして2頭の直後につける競馬をするのでしょうか?

内田騎手がどういった戦法でレースをするのか、そして新戦法が上手くいくのか、岩田騎手、蛯名騎手との駆け引きにも注目ですね。

馬の気性的に前回からの敗戦から立て直すのは難しいという意見も一部ありますが、阪神2200mという舞台はこの馬にとって良い条件だけに、ファンの期待に応える走りを見せてほしいところです。

 

牡馬を蹴散らし、国内敵なしで凱旋門賞に行くのか!?

次にファン投票3位のジェンティルドンナ

ドバイからの遠征帰りで、宝塚記念は今年の国内初戦となります。

今回斤量56キロは初めての経験となり一抹の不安はありますが、去年ジャパンカップでオルフェーヴルを破った実績は断然です。

普通に走ればこの馬は強いと思います。

ただ、ヴィルシーナを物差しとするならば、東京以外ではこの馬はどうなのかという疑問も出てきます。

過去に牝馬は2頭しか勝っていないという嫌なデータもあり、個人的には3強の中で一番取捨に迷っています。

 

3連勝で一気に世代の頂点へと上り詰めるか!?

最後にファン投票4位のフェノーメノ

天皇賞(春)では同世代のライバル、ゴールドシップを破って悲願のG1タイトルを手に入れました。

上記の2頭に比べ、GⅠは1勝しかしていませんが、ダービーではハナ差の2着、古馬に混じっての天皇賞(秋)は2着と、実力は折り紙つきの馬です。

初参戦の阪神競馬場の適性がカギとなりそうですが、中山競馬場で重賞を2勝していることを考えればこなす予測はつきます。

しかし、大きく負けているコースも中山競馬場で、加えてその時の一つが稍重だったというのも少し気になります。

今年に入ってからの成長が著しい馬だけに、今回のレースで同世代のトップに君臨するのかファンの注目が集まります。

 

 

2013年、前半の競馬を締めくくるレースへの期待感は高い!

ツイッターなどを見ても、皆さんそれぞれの見方で3強を評価していて大一番への盛り上がりを感じます。

3強の他に上げるなら、天皇賞(春)2着のトーセンラー、道悪巧者のナカヤマナイトシルポート、良血ローゼンケーニッヒなどがいますが、買っても相手までという人が多いです。

純粋にどの馬が勝つのか楽しみで、いち競馬ファンとしてレース当日が待ち遠しいです!

 

サトQの予想芦毛の怪物の復活にかける!第54回宝塚記念予想

 

ブログの更新情報はTwitter(@sato9_k8)とfeedlyで配信しています。

↓コチラのボタンからフォローできますよ!

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

 
PAGE TOP ↑