世界のスプリント王はマイルでも強いのか!?安田記念・鳴尾記念展望

公開日: : 最終更新日:2013/10/10 レース展望

ロードカナロア
ロードカナロア posted by ©Cake6

今週の安田記念で東京の5週連続GⅠレース開催も最後となります。

毎年安田記念が終わると、春のGⅠは宝塚記念を残すだけなので寂しい気持ちになります(私だけ?)。

その安田記念の予想に弾みをつけるためにも、まずは土曜の鳴尾記念をしっかり当てたいところです。

それでは安田記念と鳴尾記念のレース展望や、注目点をそれぞれ見ていきます。

 

安田記念

スプリントは敵なしでも、マイルではどうか?

ロードカナロアがマイルGⅠに初挑戦することで今年の安田記念はさらに面白くなりました。

最大の焦点はロードカナロアはマイルでも走るのかどうかということです。

過去一度だけマイル戦(2着)は走ったことがありますが、まだ2戦目だったので参考にはなりません。

特に私が注目しているのは、マイルはマイルでも東京の1600mでどうなのかという点です。

東京のマイルはある程度スタミナが要求されるコースだけに、生粋のスプリント馬にはきついコースです。

不安な点は多いですが、能力は高い馬ですし、走ってみなければわからないというのが本音だけに取捨が難しいです。

 

香港馬も2頭参戦!

今年も安田記念ではお馴染みの香港馬が2頭参戦して来ました。2年連続参戦のグロリアスデイズ(去年14着)と、初参戦のヘレンスピリットです。

外国馬の場合、日本の高速馬場に対応できるかどうかが鍵になりますが、外国馬のことはよく分からないので今回も買い目に入れるかどうか悩みそうです。

誰か情報くれませんか?(笑)

 

粒ぞろいのメンバーが揃い好勝負が期待できそう!

ロードカナロアや香港馬の他にも、去年2着のグランプリボス、マイルCS覇者サダムパテック、ヴィクトリアMを制したヴィルシーナ、前年のNHKマイルC覇者カレンブラックヒルなど、他にも中距離重賞実績馬が数頭参戦し、多士済々のメンバーが揃った印象です。

それだけに予想が難しく、また予想のしがいがあるとも言えます。

ある程度買い目を絞る予定なので枠順には注目しています。

サトQの予想マイルでもキレてくれ!第63回安田記念予想

 

鳴尾記念

重賞連勝なるか

去年から開催時期が6月に変更されて、位置づけ的には宝塚記念の前哨戦になるのでしょうか。

宝塚記念の前哨戦重賞は金鯱賞のイメージが強いだけに、少しだけ違和感があります。

が、すぐに慣れるでしょう。

出走馬の中で注目しているのはパッションダンスです。

アドマイヤキッスの弟でデビュー時から期待されていた良血馬なのですが、前走の新潟大賞典でようやく重賞勝利を収めました。

今回の鳴尾記念の阪神2000mという舞台は、過去3戦3勝と相性バッチリのコースで、重賞連勝もあるのではないかと期待しています。

先行馬にとって阪神の内回りコースは有利ですし、鞍上のウィリアムズ騎手は先行する馬を粘らせるイメージが強いので、この点は個人的にポイント高いです。

サトQの予想良血馬の重賞連勝を願う!第66回鳴尾記念予想

 

 

連日の訃報で心を痛めています…

最後に、安田記念に出走予定のフィフスペトルと、鳴尾記念に出走予定だったジョワドヴィーヴルが調教中の不慮の事故により、予後不良で安楽死処分となりました。

競馬をやっていると、この手のニュースは付き物なのですが、何回聞いても慣れないです。

調教中の事故というのが気がかりですが、今はただ2頭のご冥福を祈るばかりです。

 

ブログの更新情報はTwitter(@sato9_k8)とfeedlyで配信しています。

↓コチラのボタンからフォローできますよ!

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

 
PAGE TOP ↑