府中の鬼!桜花賞馬の復活!エプソムC・マーメイドS回顧

公開日: : 最終更新日:2013/10/11 結果&回顧

エプソムカップ

クラレント
クラレント 口取り posted by ©arima

岩田騎手騎乗のクラレントが道中2番手で折り合い、直線力強く抜け出して重賞4勝目を飾りました。

本当にこの馬は東京で強いですよね。これで東京の重賞は3勝目になりました。

レースは距離不安のあったクラレントを1着に導いた岩田騎手の好騎乗が光ったと言えるのではないでしょうか。

馬の首が取れるのではないかというぐらい激しいアクション(笑)で直線追う、いわゆる岩田ダンスは不思議に最後まで持ってしまうことが多いんですよね。

安田記念のロードカナロアといい、距離不安がある馬を最後まで持たせる技術は、さすが毎年100勝以上する騎手だなと感じました。

クラレントは今後も東京で走る時には注目したい1頭です(もう一段階レベルアップしないと、さすがに天皇賞秋は厳しいと思うけど…)。

 

20番人気のワイドを的中!

予想の方は本命のクラレントからワイドで流していたので、3着のサンレイレーザーとのワイド[13,500円]を的中させることができました!

馬連ではなくワイドにして正解でした。最近は馬券の買い方がうまくいってます。

サンレイレーザーは重賞で安定して成績を残しますね。力があることは十分証明されたので、次は人気になることが予想されます。

単穴のリルダヴァルも4着に来ていたので予想としては満足しています。

スタートがうまくいき、もう少し前で競馬出来ていれば着順も1つ上になってたのではないでしょうか?

自分の展開予想ではクラレントの位置とリルダヴァルの位置が逆だったんですけどね…

展開予想はやはり難しいです。

 

マーメイドステークス

桜花賞馬をちょっとナメてました(反省)

2011年の桜花賞馬マルセリーナがマーメイドSで2年2ヶ月ぶりの勝利を上げました。

トップハンデの56キロ、大外枠の14番、しかも秋華賞以来の2000mということもあり、条件的に厳しいと思ったんですが、そんな不安を払拭する直線の伸びでしたね。

2000mを勝ったことで今後のレース選択の幅が広がりましたが、現役生活は来春までということで、桜花賞馬がもう一花、二花咲かせられるかどうか注目したいと思います。

予想の方はというと大惨敗です。

内枠の軽ハンデ馬を狙って予想をしたら見事に外枠の馬で決まってしまいました(涙)。ここまで外れると逆に諦めも早く付きます。

今回はトップハンデの馬が勝ちましたが、今後もハンデ戦では軽ハンデの馬に注意を払って予想していきたいです。

 

 

回収率

安田記念終了時点での回収率は120%

このブログは馬券の年間回収率100%以上を目標に掲げています。まず回収率の計算式から説明させて頂きます。

配当 ÷ 投資金額 × 100 = 回収率

エプソムカップとマーメイドステークスの結果を受けて、回収率は次のようになりました。

29,060 ÷ 18,000 × 100 = 161%

 

これで3週連続的中となりました

ブログをスタートした当初、正直ここまでうまくいくとは思いませんでしたが、スタートダッシュを決めることが出来て本当に嬉しいです。

今週も4週連続的中を狙って頑張ります!

 

ブログの更新情報はTwitter(@sato9_k8)とfeedlyで配信しています。

↓コチラのボタンからフォローできますよ!

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

 
PAGE TOP ↑