馬は生き物ですから!宝塚記念回顧

公開日: : 最終更新日:2013/10/11 結果&回顧

ゴールドシップ
ゴールドシップ posted by ©うまタロー

4歳3強対決に注目が集まった今年の宝塚記念。

終わってみればゴールドシップが3馬身差の圧勝で、有馬記念に続くグランプリ連覇を達成しました!

今回はマクリ戦法以外でレースをすると予め示唆していましたが、スタートしてあんなに押して押して、フェノーメノより前で競馬するとは思いませんでした。

普通は最初にあんなに脚を使ってしまうと最後まで脚色が持ちませんが、そこはさすがゴールドシップ

並のスタミナではありませんでしたね。

前からでも後ろからでも競馬ができるゴールドシップの強さが際立ったレースでした。

 

この馬こそ、凱旋門賞に挑戦して欲しい!

宝塚記念で結果を出したあとに凱旋門賞で2着と好走しているオルフェーヴルナカヤマフェスタのことを考えれば、同じステイゴールド産駒のゴールドシップもロンシャンの馬場は合いそうです。

がしかし、残念ながら今年は国内に専念するみたいです。

今年中にオルフェーヴルとの対決が実現するかどうかわかりませんが、凱旋門賞の舞台で2頭の対決を見てみたかった(来年?)。

 

人気の面目は保ったのかな?

3強と言われたジェンティルドンナは3着、フェノーメノは4着でした。

お互い馬場に苦しんだようで、良馬場発表でしたが実際は稍重に近い状態だったそうです。

ジェンティルドンナは凱旋門賞を目指している馬なだけに、今回のような力の要る馬場をこなして欲しかったというのがファンの本音ではないでしょうか。

2頭とも東京で強さを発揮するタイプだけに、秋のGⅠシリーズでの巻き返しに期待したいです。

 

直線の最後の方はダノンバラードしか見ていませんでした(笑)

馬券の方は◎ゴールドシップと△ダノンバラードワイド[4,250円]を的中することが出来ました!

馬連で買っていれば結構ついたんですが、たらればというやつですね。

的中できただけでも良しとしましょう。

当初は押さえにシルポートを買う予定だったので、ダノンバラードの方に変更して正解でした。

私の場合、変更すると大抵失敗するんですけどね(笑)。

 

 

回収率

前回までの年間回収率は118%

このブログは馬券の年間回収率100%以上を目標にしています。まず回収率の計算式から説明させて頂きます。

配当 ÷ 投資金額 × 100 = 回収率

宝塚記念の結果を受けて、年間回収率は次のようになりました。

33,310 ÷ 26,600 × 100 = 125%

 

宝塚記念が終わり、今週から本格的に夏競馬がスタートします

夏は競馬をしないという人も多いですが、夏は夏なりの面白さがあり、秋に繋がるレースも多いです。

夏の重賞は実力が拮抗している馬たちが集まるので、予想は一筋縄ではいかないですが、より多く的中出来るように頑張りたいと思います!

 

ブログの更新情報はTwitter(@sato9_k8)とfeedlyで配信しています。

↓コチラのボタンからフォローできますよ!

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

 
PAGE TOP ↑