岩田ダンスと、ユタカマジック!安田記念・鳴尾記念回顧

公開日: : 最終更新日:2013/11/23 結果&回顧

安田記念

安田記念
ロードカナロアが優勝 posted by ©Hasegawa Takashi

いや~、ロードカナロア強かった!

馬券から外してすいませんでした(笑)。りかりか風に言うならカナロア君に謝りたいです(笑)。←分かる人には分かる

いきなりマイルGⅠは厳しいと思ったんですが並の馬ではなかったですね。

スプリントとマイルのGⅠを勝つのはデュランダル以来で、過去を見ても5頭しかいない快挙です。

マイルCSには挑戦するんでしょうか?勝てば史上初の短距離GⅠ完全制覇なだけに見てみたい気もします。

ただ、やっぱりスプリントの方が能力を発揮しやすいタイプのような気がするので、そう簡単にはいかないのかな、とも思います。

今回は岩田騎手の斜行の問題があったりと完璧なレースではないですが、距離の壁をはねのけた見事な勝利だったと思います。

 

末脚には目を見張るものがあるし、やはり力はあります

本命のショウナンマイティはというと、正直勝てたレースだったと思います。

直線不利が何度かありましたし、スムーズに追い出せてたらロードカナロアと着順は入れ替わってたと思います。

でも競馬にはよくあることなんですよね…

確定してしまえばそれが結果です。

直線の豪脚は素晴らしかったし、ショウナンマイティはGⅠを勝つ力があると思うので次、頑張って欲しいです。

そして秋はマイル路線を中心に走ってほしいです。そう思っているのは私だけではないはずです。

 

やっぱり競馬は難しい…

対抗だったグランプリボスは10着でした。

予想の時の記事には書いてなかったのですが、本命から対抗に下げた理由は休み明けは走らないタイプなのに前走勝っているということが少し気になったからです。

これが2走ボケというやつですかね…

道中かかっていて、いつもの力を発揮できてなかったような気がします。調教は良かっただけに対抗に推したのですが、読みが甘かったです。

3着のダノンシャークを早めに見切ってしまったのも反省しています。

当初は出走する予定ではなかったのでなかなか買いづらく、調整も難しいだろうと踏んで、しかもピンク帽だったので…

…はい、いいわけはこの辺でやめときます(笑)。

 

鳴尾記念

トウケイヘイロー
トウケイヘイロー(第66回鳴尾記念) posted by ©Ogiyoshisan

本命のパッションダンスは6着でダメでしたが、単穴のエクスペディションが2着に入って複勝[7,800円]を取ることができました!

馬券の買い方がうまくいきました。日本ダービーの予想アポロソニックを穴で推しながらも、馬券を取ることが出来なかった悔しい思いが、今回の複勝につながったと思っています。

予想は当たっても馬券が取れなければ意味が無いと思っているので、こういうのは嬉しいです。やっぱ的中してナンボです。

それはそうと、レースの方は武豊騎手の手腕が冴え渡ってましたね。

インタビューで折り合う自信はなかったといってましたが、絶妙なペース配分でそのまま逃げ切って2週連続重賞制覇となりました。

トウケイヘイローは逃げ濃厚の馬で、開幕週ということもあり当初は買い目に入れていたのですが、距離不安から外してしまいました(クソッ!)。

まんまとユタカマジックにやられました。流石です。

 

 

回収率

目黒記念終了時点の回収率は121%

このブログは馬券の年間回収率100%以上を目標に掲げています。まず回収率の計算式から説明させて頂きます。

配当 ÷ 投資金額 × 100 = 回収率

安田記念と鳴尾記念の結果を受けて、回収率は次のようになりました。

15,560 ÷ 13,000 × 100 = 120%

 

現状維持ですね。3週連続的中できるように今週も頑張ります!

 

ブログの更新情報はTwitter(@sato9_k8)とfeedlyで配信しています。

↓コチラのボタンからフォローできますよ!

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

 
PAGE TOP ↑