芦毛の怪物の復活にかける!第54回宝塚記念予想

公開日: : 最終更新日:2013/10/14 重賞予想, [GⅠ]

「今年もあなたの、そして私の夢が走ります」この言葉は宝塚記念を象徴する杉本清さんの名言ですね。

今年は多くの人が3強と言われるゴールドシップジェンティルドンナフェノーメノに夢を託すと思います。

私もその一人ですが、馬券の妙味的に人気の3頭とも買うと配当的にきついので、このレースに限っての優劣をつけ、1頭馬券の買い目に入れない事にしました。

まずは本命馬の方から順に説明していきます。

 

 

私の今年の「夢」それは、ゴールドシップ!

ゴールドシップ
ゴールドシップ posted by ©うまタロー

阪神2200mという舞台を考えた時に、3強の中ではゴールドシップが一番コース適性があると思います。

阪神2200mは瞬発力より持続力が求められるコースで、ゴールドシップはズブい所はありますが、まくって最後までスピードが落ちない持続力があります。

過去に強いパフォーマンスを見せている内回りコースというのもイイですね!

前走の天皇賞(春)は京都の高速馬場がこの馬に合わなかっただけで、今の阪神の馬場であれば巻き返しは可能だと見ています。

スタートはどうしてもうまくないので後ろから行くと思いますが、フェノーメノジェンティルドンナを目標に動けるというのはレース展開的に有利。

あとは、しっかり勝負所で内田騎手のゴーサインに反応して動いてくれるのを祈るばかりです(前回で全力で走らない事を覚えてなければいいのですが…)。

 

青鹿毛の天皇賞馬が対抗!

フェノーメノ
フェノーメノ posted by ©うまタロー

前回の天皇賞(春)が初めての関西遠征だったという事もあり、阪神コースは今回初となります。

その点が不安といえば不安なのですが、阪神で好成績を上げているステイゴールド産駒という事もあり、コース適性はあまり心配はいらないのかなと思っています。

距離的にも前回の天皇賞(春)よりこちらのほうが合っているので、GⅠ2勝目を飾る可能性は十分ありそうです。

武器である先行力を活かしてゴール板まで粘って欲しいです。

 

3強の中では一番、不安要素が多いとみています

ジェンティルドンナ
ジェンティルドンナ posted by ©うまタロー

まず前回のドバイで外枠で前に壁を作れず、距離損と折り合いを欠いたことを敗因に上げていましたが、今回残念ながら大外枠に入ってしまいました。

そして東京では文句なく強いのですが、右回りの、しかも内回りのコースでどうなのかという疑問があり、牡馬相手に苦しい戦いをしているヴィルシーナと接戦だったいうのも気になります。

あとは初の斤量56キロ、海外遠征帰りで、今年国内初戦というのも懸念材料です。

あのウォッカでさえも、海外遠征帰りで牝馬相手にヴィクトリアマイルを取りこぼしています。

牡馬の一線級相手に勝ち切るにはあまりに不安な点が多いと見て、今回は馬券に入れない事にしました。

断っておきますが、この馬は並の牝馬ではないという事は百も承知です。

上記の点はアラ探しとも言えますし、普通に勝ってしまってもおかしくないです。

 

予想のまとめ

◎ ⑩ゴールドシップ
◯ ③フェノーメノ
△ ④ダノンバラード
△ ⑧ナカヤマナイト

 

押さえに展開がハマれば3着はあると見ている、ダノンバラードナカヤマナイトを入れました。単穴はいません。

馬券の方はゴールドシップフェノーメノの馬連③-⑩を1,000円、ゴールドシップ軸のワイド⑩-④⑧を各500円、計2,000円で勝負したいと思います。

年に一度しか聞けない宝塚記念専用のファンファーレを堪能して、名勝負の予感がする4歳3強対決を楽しみたいと思います!

 

【レース回顧】
馬は生き物ですから!宝塚記念回顧

 

ブログの更新情報はTwitter(@sato9_k8)とfeedlyで配信しています。

↓コチラのボタンからフォローできますよ!

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

 
PAGE TOP ↑