【きさらぎ賞2014予想】バンドワゴンvsトーセンスターダム…なのか?

公開日: : 最終更新日:2014/03/03 重賞予想, [GⅢ]

トーセンスターダム

根岸ステークス…

3連複[291.4倍:145,700円]ゲットォォォ!!!!!

どうも、最後の直線で「ゴールスキー、ゴールスキー、ゴールスキー、好き~♡」と絶叫したサトです(笑)。

やってくれましたよ、◎ゴールスキーが!

ヒモもしっかり押さえてたので、予想と共に馬券も的中させることができました!

1月が不甲斐なかったからですね。

そういう意味では、清水成駿風に言うとまさに「僥倖」です(笑)。

いや~、ホント、ベリー(騎手)、Good!です。

やったぜぇぇぇ!!!!!

と、こんな感じで先週は調子に乗ってましたが、目標の回収率200%はこのぐらいの配当をあと4回は取らないと達成出来ない計算なので、今週からまた気を引き締めて頑張りたいと思います(ちなみに、現在の回収率は439%)。

冷静になったところで、本題のきさらぎ賞の予想へ移りましょう(笑)。

photo by ©うまタロー

きさらぎ賞 [GⅢ] 京都 芝1800m

第54回きさらぎ賞 G3  2014年2月9日京都11R‐馬柱|KLAN
  [想定人気]  
1. バンドワゴン
2. トーセンスターダム
3. サトノルパン
4. ピークトラム
5. エイシンエルヴィン
6. ブラックカイト
7. セセリ
8. オールステイ

  [予想印]  
◎ ⑤バンドワゴン
◯ ④サトノルパン
▲ ②セセリ
△ ③エイシンエルヴィン
△ ⑧オールステイ

  [買い目]  
3連複 軸1頭流し
⑤-②③④⑧
6点×500円 計3,000円


2強でしょうか?いいえ、◯◯です

冒頭の写真はトーセンスターダムですが、本命はバンドワゴンにしました。

正直、個人的に強いのかどうかはまだ半信半疑の部分はあるんですが、京都1800mのコースなら馬券圏内は堅いのかなと思っています。

ていうのも、過去のきさらぎ賞だけ見てもそうですが、このコースは逃げ脚質の馬の成績が良いんですよね。

競りかけてきそうな馬が2頭いますが、スピードの絶対値から逃げる形になると思うので、軸としての信頼度は高いと思っています(先々を見据えて、抑えた競馬をしてきた時に、折り合いを欠いた暴走が心配っちゃ心配ですが…)。

バンドワゴンと同じホワイトマズル産駒のアサクサキングスが逃げて1着、昨年は同産駒のマズルファイヤーが逃げて2着というのも、データとして見逃せない所です。

そして、印を見てもらったらわかると思いますが、トーセンスターダムは馬券から外しています。

理由としては、バンドワゴンの他に、あと1頭人気どころを入れる時に、トーセンスターダムサトノルパンを天秤にかけて、単純にサトノルパンの方が馬券的に面白いと思ったからです。

クラレントリディルレッドアリオンの下で血統的に魅力の高いサトノルパンだったら、バンドワゴンvsトーセンスターダムの図式に待ったをかけてもおかしくないでしょう。

普通に勝っても驚けない対抗評価です。

あとは、他にマル外の3頭を押さえたので、どれか1頭上位に食い込んでくれたらなと期待しています。

首ながっ!

しかし、武豊騎手も言ってたんですが、トーセンスターダムって首長いですよね。

一般的に首が長い馬は中~長距離向きとされているので、そこからいくと今回の1800mはギリギリになります。

高額馬は走らないと言われてるだけに、ワタシ的には、その一面をここでは見せてほしいです(笑)。

もっと「きさらぎ賞の予想」が見たい時は…
競馬の人気ブログランキングへ

ブログの更新情報はTwitter(@sato9_k8)とfeedlyで配信しています。

↓コチラのボタンからフォローできますよ!

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

 
PAGE TOP ↑